追浜吉井内科クリニック

神奈川県横須賀市の総合内科・糖尿病・内分泌・甲状腺専門医のクリニック

〒237-0068 神奈川県横須賀市追浜本町1-40 追浜平川ビル1F
TEL:046-865-2530
トップページ»  医師のご紹介

医師のご紹介

ご挨拶

イメージ画像


はじめまして。追浜吉井内科クリニックの吉井 大司(よしい たいし)です。
この度、多くの皆様のお力添えとご縁がありまして追浜の地で開業する運びとなりました。どうぞ、末永くよろしくお願いいたします。
私は横浜市立大学内分泌・糖尿病内科に入局して10年あまり、横浜市立大学附属病院、横浜市立大学附属市民総合医療センター、国家公務員共済組合連合会横浜栄共済病院、国家公務員共済組合連合会横浜南共済病院で研鑽を積んでまいりました。
横浜南共済時代に科長として赴任し、内分泌代謝疾患の急性期対応・専門外来、糖尿病教育入院、患者会の運営などに従事してまいりました。
病院の患者会などで親しみがわいたこの地域で頼れる町のかかりつけの医師を目指したい、また総合病院時代には難しかった患者様にもっとよりそった診療ができる場所をと思いクリニックの開業に至りました。
今後地域の皆様によりそいながら安心と信頼が持てるかかりつけの医師を目指していく所存です。お体のことでお悩みのことなどがございましたら、些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談頂けますと光栄です。
特に糖尿病をはじめとする生活習慣病や甲状腺疾患などの内分泌疾患に関しては専門医ですので的確な診断を行い、皆様にとって最適な治療を提供致します。
重症度が高い疾患に関しては高度医療機関に紹介し、治療後はその重症化予防に努めます。これからは自分が地域医療の最前線に立ち、地域の皆様によりよい医療を提供できるように努力していく所存です。

院長 吉井 大司

 

経歴

群馬県出身  
2007年3月 北里大学医学部 卒業
2009年4月 横浜市立大学内分泌・糖尿病内科入局
2009年4月 横浜市立大学附属市民総合医療センター内分泌・糖尿病内科勤務
2010年4月 国家公務員共済組合連合会横浜栄共済病院勤務 代謝内分泌内科勤務
2013年4月 横浜市立大学附属病院内分泌糖尿病内科勤務
2016年3月 横浜市立大学医学部大学院分子内分泌糖尿病内科学 博士課程修了(医学博士取得)
2016年4月 国家公務員共済組合連合会横浜南共済病院勤務 内分泌代謝内科 科長勤務
2019年5月 追浜吉井内科クリニック開業

 

資格

・日本内科学会認定医
・日本内科学会総合内科専門医
・日本糖尿病学会専門医・指導医
・日本糖尿病協会療養指導医
・日本内分泌学会内分泌代謝専門医
・日本甲状腺学会専門医
・医学博士
・神奈川県難病指定医

 

所属学会

・日本内科学会
・日本糖尿病学会
・日本内分泌学会
・日本甲状腺学会
・日本骨代謝学会
・日本高血圧学会

 

論文・雑誌・学会発表など

・The effects of bazedoxifene on bone, glucose, and lipid metabolism in postmenopausal women with type 2 diabetes: An exploratory pilot study
Taishi YOSHII, Masayo YAMADA, Taichi MINAMI, Tetsuji TSUNODA, Mayuko SASAKI, Yoshinobu KONDO, Shinobu SATOH, Yasuo TERAUCHI: Journal of clinical medicine research, Vol 7, No 10, Page 762-769, 2015

・【インクレチン関連薬による糖尿病治療の新時代】 ビルダグリプチン(エクア)
Author:吉井 大司(横浜市立大学 大学院医学研究科分子内分泌・糖尿病内科学), 寺内 康夫
Source: 成人病と生活習慣病 (1347-0418)43巻12号 Page1469-1473(2013.12)

【インクレチン関連薬登場から1年-その治療効果と安全性を探る-】 実臨床から学んだインクレチン関連薬の注意点 GLP-1受容体作動薬による消化器症状
Author:吉井 大司(横浜市立大学 大学院医学研究科分子内分泌・糖尿病内科学), 山田 昌代, 寺内 康夫
Source: Progress in Medicine (0287-3648)31巻6号 Page1437-1441(2011.06)

・2型糖尿病におけるエゼチミブ単独療法とスタチン併用療法の効果
Author:吉井 大司 Source: 糖尿病 (0021-437X)53巻Suppl.1 Page S-221(2010.04)

・シェーグレン症候群による尿細管性アシドーシスで低カリウム性ミオパチーを来したTRAb陽性橋本病の1例
Author:吉井 大司 Source: 日本内分泌学会雑誌 (0029-0661)86巻2号 Page267(2010.09)

・2型糖尿病患者におけるヘリコバクター・ピロリ感染が糖代謝マーカーおよび大血管障害に与える影響
Author:吉井 大司 Source: 糖尿病 (0021-437X)54巻Suppl.1 Page S-324(2011.04)

・習慣性多飲による低血清浸透圧下でもAVP分泌抑制を認めない1例
Author:吉井 大司 Source: 日本内分泌学会雑誌 (0029-0661)87巻3号 Page995(2011.12)

・高血圧合併2型糖尿病患者におけるビルダグリプチンの血糖及び血圧変動に対する効果 シタグリプチン切り替え例における検討
Author:吉井 大司 Source: 糖尿病 (0021-437X)56巻Suppl.1 Page S-300(2013.04)

 


 

ドクターズ・ファイル